本文へスキップ

知識・経験豊富な専門スタッフがすぐにお伺いします。もちろん見積無料!

TEL. 076-432-7659

〒930-0016 富山県富山市柳町1丁目1-7

よくある質問FAQ

質問

工事関係

Q.どこに工事を依頼すれば良いですか?


Q.専門業者、リフォーム業者、どちらに頼めば良いでしょうか?


Q.『屋根が傷んでいます』と言って業者が訪問して来ました。どうすれば良いの?

Q.リフォーム(補修)にはどのような方法があるの?

Q.瓦をコーキング、しっくいで固定する補修って大丈夫?

Q.どんな屋根材にすればよいでしょうか?

Q.代表的な雨漏りの箇所、原因は?


屋根について


Q.屋根材は何種類あるのでしょうか?


Q.屋根葺き替え、リフォームの目安は?

Q.瓦は地震に弱い?

回答


Q.どこに工事を依頼すれば良いですか?

A.当たり前のことですが、大切なのは信頼できる会社であるかどうかです。信頼できる=名前をよく聞くでは無
  いことは十分理解する必要があると思います。
  見極めは難しいと思いますが、価格面はもちろん、アフターサービスが充実しているかも考慮して下さい。
  工事内容により工事見積金額には差が出ると思いますが、第三者の意見を聞く、別の会社から見積もりをとっ
  てみるというのは有効な手段だと思います。

Q.専門業者、リフォーム業者、どちらに頼めば良いでしょうか?

A.しっかりした専門知識を持っている方に見てもらうならどちらでも良いと思いますが、各々、長所、短所があ
  るでしょう。専門業者の方がその分野においては深い知識がありますが、内装、外装など工事が広範囲に及ぶ
  時、リフォーム業者の方が対応に優れていると思います。その場合、リフォーム業者はいろんな業者を手配し
  まとめる役割を請け負うので手数料が加算される分だけ工事価格は高くなると思います。

Q.『屋根が傷んでいます』と言って業者が訪問して来ました。どうすれば良いの?

A.近年、建築業者においても訪問販売を行う業者が増えています。それに伴い、富山県の瓦工事業協同組合、消
  費者センターへの相談、クレームも増えています。契約後のクーリングオフ等、対処方法があるとはいえ、ま
  ず第一にすぐに信用して契約しないことです。やはり知人に相談したり、他の同業者にも見てもらったりして
  から慎重に対応しましょう。また、県外ナンバーには注意が必要かもしれません。瓦工事に関しては組合に加
  盟している業者に頼んだほうが安心だと思います。

Q.リフォーム(補修)にはどのような方法があるの?

A.雨漏り等の部分補修する場合と屋根全体を改修する場合とに大別されます。
   ・部分補修…瓦割れ・ズレ直し谷板金交換など
   ・屋根全体の改修
    @葺き直し(締め直し)…既設の瓦を使ってもう一度葺き直す
    A葺き替え…既設瓦を撤去・処分後、新瓦にて葺く
  @、Aどちらの場合も新設時から25年〜30年経過が一つの目安となります。工事する場合、瓦だけでなく、下
  地の調整(ベニヤなど木下地張り)、防水シート張りをすることにより、また数十年屋根を長持ちさせること
  が出来ます。個人的には定期的に点検し、こまめに補修してなるべくお金をかけないようにし、屋根下地が痛
  んでくる時期が来たら、新瓦で全面葺き替えするのが一番経済的だと思います。

Q.瓦をコーキング、しっくいで固定する補修って大丈夫?

A.専門業者の意見を言いますと、この様な修理方法はやめた方が良いと思います。確かに瓦が飛んだり、ズレ
  たりしなくなりますが、この様なことは台風・地震など災害時以外ではほとんどありません。コーキング・し
  っくい・ボンドで固定してしまうと簡単に点検も補修も出来なくなり、後々のメンテナンスも葺き替えするし
  か無くなります。実際、軒裏や棟のしっくい部分がカビだらけになっている等、何度もこの様な修理でひどい
  目にあっているお客様を見ています。瓦同士の隙間があるから建物が呼吸が出来、その結果、結露などが起き
  ないため長持ちすると考えた方が良いと思います。屋根材にペンキを塗る場合は、一概に悪いとは言えません
  が、通気などに配慮する必要があるようです。

Q.どんな屋根材にすればよいでしょうか?

A.住宅は人生で一番高価な買い物であり、生活の重要な要素の一つです。ですからその建物を風雨から守る外装
  材は慎重に選びたいものです。屋根材を選ぶ際のポイントは防水性・耐震性・耐風性・遮音性・耐熱性・耐用
  年数・などいろいろありますが、やはり価格(コスト)が一番気になる点だと思います。ただし、この場合の
  価格は新設時のコスト(イニシャルコスト)だけではなく、屋根材・屋根下地の補修・維持費用(ランニング
  コスト)を含めて考える必要があります。
  金属屋根材・陶器瓦・スレート材などすべての材料において、年々、品物自体の質は向上していますが、同じ
  ように下地も長持ちするとは限りません。屋根材をどれだけ長持ちさせる素材・工法であるかも考慮すべきで
  す。初期費用が安くてもすぐに他のものに葺き替えなければならないなど、メンテナンスにお金がかかっては
  意味がありません。

Q.代表的な雨漏りの箇所、原因は?

A.雨漏りしやすい箇所とその原因についていくつか挙げてみます。
  ・谷板金部分
    酸性雨などにより劣化、穴が開いている
    雨水が集中し、オーバーフローしてしまう
    雪がたまりやすい為、北側など長く雪が残っていると、融け出した水により雨漏りを起こす
  ・瓦割れ、ズレ
    一枚でも割れたり、ズレたりすると必ず雨水が浸入しています。(防水シートなどが張ってあると建物内
    まで雨水が入って来ない為、雨漏りに気付かない場合が多い)瓦同士の重なりで割れていると調査しても
    分かりにくい場合がある。
  ・棟部分
    棟下の平瓦が寸足らずであったり、棟土が風化・流出することにより雨漏りを起こしている場合がある。
  ・壁際部分
    現在では捨て水切板金などの下地板金が施工されているが、10年以上前の建物には施工されていなかった
    り、防水紙の立上げが十分でない場合が多く、壁を伝って雨漏りする。
  ・その他板金と瓦の取り合い部分
    水の流れに逆らった施工になっている場合も見受けられ、経年により雨漏りを起こす。

※地元の瓦(49判)において注意すべき点
この瓦自体に問題があるわけでないが、53判(三州瓦など)と違い、瓦桟の上に乗せず、銅線にて瓦桟に結束してある工法の場合、注意が必要である。瓦の尻が直接、野地板に乗っている為、瓦尻の下の野地板が重みで下ると瓦自体の傾斜が無くなり雨漏りを起こす。

Q.屋根材は何種類あるのでしょうか?

A.一般的な戸建て住宅で用いられる屋根材は、大きく分けると4種類に分けられます。粘土系、スレート系、セ  メント系、金属系、それぞれの特徴は以下の通りです。

Q.屋根葺き替え、リフォームの目安は?

A.【古い木造家屋】
   20年程度を目安にして経過しているということが挙げられます。住宅も今や耐久消費財です。20年も経
   てば建物のあちこちが古くなり、傷んでもくることになります。特に屋根の材料がのっている屋根の野地板
   (のじいた)と呼ばれる部分、つまり、天井裏を見て屋根に打ち付けてある板の老朽化が問題です。この野
   地板は一年中、屋根からの外気温の影響と家屋内部から発生する熱や蒸気(湿気)の影響を直接受けており
   、知らず知らずのうちにボロボロになっているケースも多く見られます
  【土葺き工法】
   北陸地方では採用されていない工法なので該当しないのですが、参考までに・・・
   屋根に使われている材料が日本瓦で、かつ、瓦の下に土を敷き詰めて固定するという「土葺き工法」により
   施工されていることです。この工法にもメリットがあり全面的に悪いというわけではないのですが、これに
   より仕上げられた屋根は古くなってくると地震などの自然災害に弱く、屋根そのものの重量もたいへん大き
   くなる傾向がありますので、やはり今後多発するかもしれない地震災害への備えという点からもリフォーム
   を検討されることをお勧めいたします。

Q.瓦は地震に弱い?

A.阪神淡路地震後、瓦葺の屋根は自信に弱い?というイメージ持たれる方もおられるようですが、これは全くの
  誤解です。阪神淡路地方では、「土葺き工法」と呼ばれる瓦の下に土を敷き詰めて固定する工法で施工されて
  おり、瓦そのものの重みより土の重みに建物が耐えきれず倒壊を招きました。北陸地方では、「土葺き工法」
  での施工はされておらず、耐震性においては建物の強度が高ければ(特に1981年以降に建てられた建物)全く
  問題ありません。瓦は耐久性・経済性に優れ、長い目で見れば屋根材として一番適した物だと思われます。

バナースペース

〒930-0016
富山県富山市柳町1丁目1-7

TEL 076-432-7659
FAX 076-441-8944